八雷神

古事記や日本書記などに登場する八柱の雷神。古事記では「八雷神(やくさのいかづちがみ/やはしらのいかづちがみ)」、日本書紀では「八色雷公(やくさのいかづち)」ないし「八雷(やついかづち)」の名で記される。伊邪那岐命が亡くなった伊邪那美命に会いに黄泉国(よもつくに)に赴いたとき、「見てはいけない」という妻の約束を破り伊邪那美命の姿を見てしまったとき、伊邪那美命の体の各所からは八雷神が生じ、蛆がたかっていた。約束を破り恥をかかされた伊邪那美命は、逃げ帰ろうとした伊邪那岐命に八雷神や黄泉軍を差し向けた。 八雷神のうち、特に「honoikazuti(ほのいかづちかみ)」は単独で信仰されるほか、「火雷大神(ほのいかづちのおおかみ)」の名で八雷神の総称として扱われることもある。 《八雷神/八色雷公》 古事記 日本書紀 1 大雷(おおいかづち) 伊邪那美命の頭にいた。 大雷(おおいかづち) 伊邪那美命の首(かしら)にいた。 2 火雷(ほのいかづち) 伊邪那美命の胸にいた。 火雷(ほのいかづち) 伊邪那美命の胸にいた。 3 黒雷(くろいかづち) 伊邪那美命の腹にいた。 土雷(つちいかづち) 伊邪那美命の腹にいた。 4 拆雷(さきいかづち) 伊邪那美命の陰部にいた。 稚雷(わかいかづち) 伊邪那美命の背(そびら)にいた。 5 若雷(わかいかづち) 伊邪那美命の左手にいた。 黒雷(くろいかづち) 伊邪那美命の尻(かくれ)にいた。 6 土雷(つちいかづち) 伊邪那美命の右手にいた。 山雷(やまつち) 伊邪那美命の手にいた。 7 鳴雷(なりいかづち) 伊邪那美命の左足にいた。 野雷(のつち) 伊邪那美命の足の上にいた。 8 伏雷(ふしいかづち) 伊邪那美命の右足にいた。 裂雷(さくいかづち) 伊邪那美命の陰(ほと)にいた。

ページにリダイレクトします。