貙人

中国において、4世紀頃に書かれた「捜神記」にみえる、虎に変身する人間の種族のこと。揚子江と漢水の流域に住んでいるという。人間の姿の時はえび茶色の着物を着ており、人間と異なり踵が無い。虎の姿の時でも虎とは異なり5本の指があるため見分けられる。昔、湖南省の東高族の人が虎を捕まえるようと檻を仕掛けておいたのだが、これに何故か赤い頭巾の上から冠をかぶった宿駅の役人長が入っていたことがあった。この男は貙人(Chū-rèn)だったらしく、もっともらしい言い訳をするので逃がしてやると、走りながら虎の姿になって逃げていったという。

ページにリダイレクトします。