チュ=ウハ

ベトナムにおいて信じられている家の守護霊。ベトナムにおいて檳榔樹の実を石灰と混ぜたものを嗜好品として噛む風習があるが、チュ=ウハ(Chu-Uhà)は各家庭のライム(石灰)の調合用のジャグ(容器)に住んでいる。ジャグをうっかり壊してしまったりすると家族に災いが降りかかるという。これを防ぐためにはチュ=ウハ(Chu-Uhà)に新しい住処に移ってもらうために、壊れたジャグと新しいジャグを一緒に近くの祠に奉る。

ページにリダイレクトします。