釘霊人

中国最古の地理書とされる「山海経」の海内経に言及される種族。「釘霊之国」に住む人々のことで、おおよそ人と同じ見た目をしているが、膝より下に毛が生え、足には馬の蹄が生えており、よく走るという。また郭璞の注によれば自分(の蹄)に鞭を打って一日に三百里を駆けることができるのだという。

ページにリダイレクトします。