長臂人

中国の古代の地理書「山海経」の海外南経に記されている奇妙な姿の人々。周饒国の東方に位置する「長臂国」と呼ばれる国に住む人々のことで、腕が突出して長く、その腕で魚を捕らえるという。足の長い長脚人(Chángjiǎo-rén)が腕が長い長臂人(Chángbì-rén)を背負い、海に入って連携して魚を捕らえることがあるという。

ページにリダイレクトします。