パプス

テュアナのアポロニウス(Apollonius of Tyana)が著したとされる「ヌクテメロン(Nuctemeron)」中の「魔術的黄道十二宮に類似する十二の象徴的な時間」を支配する守護霊(Genius)、いわゆる「時間の鬼神(Spirits of Twelve Hours)」の一人。1時の霊の一人で医者を司る。 1時の霊はパプス(Papus)をはじめとした、シンブク(Sinbuck)(審判(ないし裁判官))、ラスフイア(Rasphuia)(死霊占い師(ないし降霊術師))、ザフン(Zahun)(醜聞)、ヘイグロト(Heiglot)(吹雪)、ミズクン(Mizkun)(魔除け)、ハウェン(Haven)(威厳)、といった7人の霊で、これらは関連するように語られる。つまり死霊占い師を征服するために魔術師は医師となり裁判官となり醜聞で意見を奪い取り吹雪のように蒼白で混乱させ、魔除けをもって威厳に達すると。

ページにリダイレクトします。