明王

仏教で仏尊を四つに分けた時の一つ(後の三つは如来、菩薩(Bodhisattva)、天(Deva, Dēva))。サンスクリットの「ヴィドヤーラージャ(Vidyārāja)」を漢訳したもの。如来の教令を受け救いがたい衆生を威嚇し、屈服させ、魔性を調伏し、力ずくで悟りへと導こうとする、「明(真言)」を奉ずる者達を指す。それぞれの明王(Vidyārāja)はそれぞれの如来あるいは菩薩(Bodhisattva)の教令を受けて顕現する。 《代表的な明王(Vidyārāja)》 漢名 梵名 説明 不動明王(Acalanātha)(ふどうみょうおう) アチャラナータ(Acalanātha) 五大・八大明王の一。本地は大日如来(Mahāvairocana)、除蓋障菩薩 降三世明王(Trailokyavijaya)(ごうさんぜみょうおう) トライローキャヴィジャヤ(Trailokyavijaya) 五大・八大明王の一。本地は阿閦如来(Akṣobhya)、金剛手菩薩 大威徳明王(Yamāntaka)(だいいとくみょうおう) ヤマーンタカ(Yamāntaka) 五大・八大明王の一。本地は阿弥陀如来(Amitāyus, Amitābha)、妙吉祥菩薩 軍荼利明王(Kuṇḍalī)(ぐんだりみょうおう) クンダリー(Kuṇḍalī) 五大・八大明王の一。本地は宝生如来(Ratna-saṃbhava) 金剛夜叉明王(Vajrayakṣa)(こんごうやしゃみょうおう) ヴァジュラヤクシャ(Vajrayakṣa) 五大明王の一。本地は不空成就如来(Amoghasiddhi) 馬頭明王(ばとうみょうおう) ハヤグリーヴァ(Hayagriva)(Hayagrīva) 八大明王の一。本地は観音菩薩(Avalokiteśvara) 愛染明王(Rāgarāja, Mahārāga)(あいぜんみょうおう) ラーガラージャ(Rāgarāja) 本地は金剛薩埵(Vajrasattva)、金剛愛菩薩(Vajrarāga) 孔雀明王(Mahāmayūrī)(くじゃくみょうおう) マハーマーユーリー(Mahāmayūrī) 烏芻沙摩明王(Ucchuṣma)(うずさまみょうおう) ウッチュシュマ(Ucchuṣma)

ページにリダイレクトします。