マンドラゴラ

ヨーロッパで山奥に生えているといわれた植物。マンドレーク(Mandrake)ともいう。根が必ず二股に分かれた人のような形をしているという。麻薬や催眠薬としての効用があり、錬金術師や魔術師にとって無くてはならない植物だったが、引き抜こうとした途端、奇怪な悲鳴をあげ、その声を聞いた人間は発狂してしまうので、犬に引かせたり、耳栓をして引き抜いたりしなければいけなかったという。 マンドラゴラ(Mandragora) 1226-1250 著者不明 「医療とハーブコレクション(偽アプレイウス・ハーバリウスを含む)(Medical and herbal collection, including Pseudo-Apuleius, Herbarius)」より 大英図書館(British Library)蔵 Copyright: public domain

ページにリダイレクトします。