八大夜叉大将

仏教において毘沙門天(Vaiśravaṇa)の眷属とされる8人の夜叉(Yakṣa)。「八大夜叉(はちだいやしゃ)」、「夜叉八大将(やしゃはちたいしょう)」、「八薬叉(はちやくしゃ)」などとも呼ばれる。毘沙門天(Vaiśravaṇa)に従う36000人ともいわれる夜叉(Yakṣa)を率いる大将であり、「大日経疏」では胎蔵界曼荼羅の外金剛部院に列される毘沙門天(Vaiśravaṇa)の左右にこの八大夜叉大将を配すと説く。 《八大夜叉大将》 漢名 梵名 01: 宝賢夜叉(Māṇibhadra)(ほうけんやしゃ) マーニバドラ(Māṇibhadra) 02: 満賢夜叉(Pūrṇabhadra)(まんけんやしゃ) プールナバドラ(Pūrṇabhadra) 03: 散支夜叉(Pañcika, Pāñcika)(さんしやしゃ) パンチカ(Pañcika) 04: 衆徳夜叉(Śatagiri)(しゅうとくやしゃ) シャタギリ(Śatagiri) 05: 応念夜叉(Hemavata)(おうねんやしゃ) ヘーマヴァタ(Hemavata) 06: 大満夜叉(Viśākhā)(だいまんやしゃ) ヴィシャーカー(Viśākhā) 07: 無比力夜叉(Āṭavaka)(むひりきやしゃ) アータヴァカ(Āṭavaka) 08: 密厳夜叉(Pāñcala)(みつごんやしゃ) パンチャラ(Pañcala)

ページにリダイレクトします。