ハハビ

テュアナのアポロニウス(Apollonius of Tyana)が著したとされる「ヌクテメロン(Nuctemeron)」中の「魔術的黄道十二宮に類似する十二の象徴的な時間」を支配する守護霊(Genius)、いわゆる「時間の鬼神(Spirits of Twelve Hours)」の一人。3時の霊の一人で恐怖を司る。 3時の霊はハハビ(Hahabi)をはじめとした、フロガビトゥス(Phlogabitus)(装飾)、エイルネウス(Eirneus)(偶像の破壊)、マスカルウィン(Mascarvin)(死)、ザロビ(Zarobi)(危地(ないし危機))、ブタタル(Butatar)(計算)、カホル(Cahor)(詐欺)といった7人の霊であるが、これらは魔術師が征服すべきもの、従わせるべきもの、逃れるべきもの、縛るべきものなどを象徴する霊である。

ページにリダイレクトします。