延命観音

仏教において変化観音(→観音菩薩(Avalokiteśvara))の一種であり三十三観音の一尊。「法華経」の「呪詛や毒薬によって身を害されそうになっても、観音の力を念じればその害は本人へと還る」という一説を論拠としたもの。岩の上に肘をつき。頬杖をつき水上を見る姿で描かれる。

ページにリダイレクトします。