円光観音

仏教において変化観音(→観音菩薩(Avalokiteśvara))の一種であり三十三観音の一尊。「法華経」の「王による難に遭い苦しみ、刑を受け寿命が尽そうな時であっても、観音の力を念じれば刀は折れてしまうだろう」という一説を論拠としたもの。岩の上に坐し光中で合掌した姿で描かれる。

ページにリダイレクトします。