ブルーメン

スコットランド沖アウター・ヘブリディーズ諸島のミンチ海峡に出没するという幽霊海賊船に乗る男達。「青い男たち」の意で灰色のあごひげを生やし、真っ青な体の色をしているという。古代ゲール語では「スルー・ナ(Sruth Nam)」とも呼ばれ、また出没する場所から「ブルーメン(Blue Men)・オブ・ザ・ミンチ」とも言われる。死霊だとも海の精霊だともされる。ミンチ海峡を渡ろうとする船の前に立ちはだかり、船を沈めようとする。ブルーメン(Blue Men)の船長は幽霊船を目標の船に寄せると猛るような声で「お前達の船を沈めるぞ」ということを歌いだす。この歌は押韻を使った見事なもので、船を沈ませたくなければ船長はこれに対しすぐに「そんなことはさせない」といった勇猛な歌で応えなければならない。この歌合戦に勝てばブルーメン(Blue Men)は船を見逃してくれるが、負けた場合は次々とブルーメン(Blue Men)が船に乗り移ってきて乗員達を皆殺しにし、船を沈めてしまう。 この伝承はスカンジナビア人によってアウター・ヘブリディーズ諸島にムーア人の奴隷が置き去りにされたという史実が起源になっていると思われる。何故ならばムーア人の奴隷達は青色の長いローブと青灰色のヴェールを身につけていたからだ(この衣装は彼らの子孫であるトゥアレグ族に受け継がれている)。

ページにリダイレクトします。