ベン・ニー

スコットランドやアイルランドの伝承に登場する女の妖精でバンシー(Banshee)の一種。名前は「洗濯女」を意味する。「バン・ニーハン(Bean Nighechain)」、「ニーグ・ナ・リー(Nigheag Na H'ath)」とも呼ばれる。小川に出没し、歌を歌いながらもうすぐ死ぬ人の血がついた服を洗っている。その服が憎い相手のものであったならそのままにしておいてもよいが、自分や家族、友人の服であったらベン・ニー(Bean-nighe)を説得して洗うのを止めさせなけばならない。洗うのをやめさせることによってその人が死を免れるかもしれないからだ。ただベン・ニー(Bean-nighe)を目撃すること自体も危険で死期が近い証拠であるともされる。ベン・ニー(Bean-nighe)と接触するには彼女に気付かれずに近づかなければならず、その上でベン・ニー(Bean-nighe)の乳房を掴み自分の最初の養母になることを宣言させると良いとされる。

ページにリダイレクトします。