予母都志許売

よもつしこめ

地域・カテゴリ

説明

日本記紀神話において、黄泉国(よもつくに)に棲んでいる悪鬼のような存在。古事記では「予母都志許売」、日本書紀では同訓で「泉津醜女」と記される。また「泉津日狹女(よもつひさめ)」とも呼ばれる。名前は「黄泉の国の醜い女」を意味し、死による穢れを人格化したものだと考えられる。伊邪那岐命伊邪那美命を追って黄泉国に赴いたとき、伊邪那岐命が伊邪那美命の言った、「私の姿をみてはいけない」という約束を破りその姿を見た結果、黄泉軍とともに追手として差し向けられた。伊邪那岐命が走りながら髪飾りや櫛を後ろに投げたところ、それらはブドウやタケノコに変わった。予母都志許売がそれを食べている間に、伊邪那岐命は逃げ延び、黄泉国から脱出することができたという。

関連項目

キーワード

参考文献

  • 21古事記(上)-全三巻-
    • 発行者:野間佐和子
    • 発行所:株式会社講談社
  • 22日本書紀(一)〔全5冊〕
    • 発行者:山口昭男
    • 発行所:株式会社岩波書店

この項目のリッチレイアウト

予母都志許売

ソーシャルリンク