八雷神

やくさのいかづちがみ

地域・カテゴリ

説明

古事記や日本書記などに登場する八柱の雷神。古事記では「八雷神(やくさのいかづちがみ/やはしらのいかづちがみ)」、日本書紀では「八色雷公(やくさのいかづち)」ないし「八雷(やついかづち)」の名で記される。伊邪那岐命が亡くなった伊邪那美命に会いに黄泉国(よもつくに)に赴いたとき、「見てはいけない」という妻の約束を破り伊邪那美命の姿を見てしまったとき、伊邪那美命の体の各所からは八雷神が生じ、蛆がたかっていた。約束を破り恥をかかされた伊邪那美命は、逃げ帰ろうとした伊邪那岐命に八雷神や黄泉軍を差し向けた。

八雷神のうち、特に「(ほのいかづちかみ)」は単独で信仰されるほか、「火雷大神(ほのいかづちのおおかみ)」の名で八雷神の総称として扱われることもある。

この項目に関する表

《八雷神/八色雷公》
古事記 日本書紀
1

大雷 伊邪那美命の頭にいた。

大雷 伊邪那美命の首(かしら)にいた。

2

火雷 伊邪那美命の胸にいた。

火雷 伊邪那美命の胸にいた。

3

黒雷 伊邪那美命の腹にいた。

土雷 伊邪那美命の腹にいた。

4

拆雷 伊邪那美命の陰部にいた。

稚雷 伊邪那美命の背(そびら)にいた。

5

若雷 伊邪那美命の左手にいた。

黒雷 伊邪那美命の尻(かくれ)にいた。

6

土雷 伊邪那美命の右手にいた。

山雷 伊邪那美命の手にいた。

7

鳴雷 伊邪那美命の左足にいた。

野雷 伊邪那美命の足の上にいた。

8

伏雷 伊邪那美命の右足にいた。

裂雷 伊邪那美命の陰(ほと)にいた。

関連項目

キーワード

参考文献

  • 58大日本神名辞書
    • 編集:明治神社誌料編纂所
    • 発行者:伊藤岩治郎
    • 発行所:明治神社誌料編纂所
  • 59神道大辞典
    • 監修:下中弥三郎
    • 発行者:下中弥三郎
    • 発行所:平凡社

この項目のリッチレイアウト

八雷神

ソーシャルリンク