蛤貝比売

うむぎひめ

地域・カテゴリ

説明

古事記に登場する貝と治療を司る女神。「うむかいひめ」とも読む。「蛤貝(うむぎ/うむかい/うむがい)」とは蛤(はまぐり)を指す古称。古事記では「蛤貝比売」、「先代旧事本紀」では「蛤貝姫命(うむぎひめのみこと)」、「出雲国風土記」では「宇武賀比売命(うむかひめのみこと)」の名で見える。古事記では大国主神が八十神(大国主神の兄神たちの総称)の姦計により、焼ける岩を受け止めて焼け死んでしまった時に、神産巣日神により大国主神の元へ派遣された女神が蛤貝比売と𧏛貝比売とされる。二人の女神は大国主神に治療を施し、大国主神は無事蘇生したという。その治療とは𧏛貝比売が「岐佐宜集而(きさぎあつめて)」、蛤貝比売が「持承而 塗母乳汁(持ち受けて母乳汁(おものちしる)を塗る)」というもので、赤貝(=?貝)の貝殻を砕いで焼き、母乳に見立てた蛤の汁に溶いて塗る、というようなものだと考えられている。一方「出雲国風土記」では単独で嶋根郡法吉鄉のくだりに登場し、神魂命(=神産巣日神)の御子神である宇武賀比売命が、「法吉鳥(ほほきどり=うぐいすのこと)」と化して飛びこの地に鎮まったので地名を「法吉(ほっき)」というようになった、と記されている。

島根県松江市法吉町にある「法吉神社(ほっきじんじゃ)」では、「宇武加比比売命(うむかひひめのみこと)」の名で蛤貝比売を祀っている。また松江市秋鹿町にある「秋鹿神社(あいかじんじゃ)」では、秋鹿日女命を蛤貝比売と同神として祀り、静岡県浜松市の「岐佐神社(きさじんじゃ)」では蛤貝比売と𧏛貝比売二神が祀られている。

キーワード

参考文献

  • 18日本の神様読み解き事典
    • 著者:川口謙二
    • 編集:川口謙二
    • 発行者:芳賀啓
    • 発行所:柏書房株式会社
  • 20古事記 祝詞 日本古典文学大系1
    • 発行者:岩波雄二郎
    • 発行所:株式会社岩波書店
  • 21古事記(上)-全三巻-
    • 発行者:野間佐和子
    • 発行所:株式会社講談社
  • 23平凡社ライブラリー 328
    風土記
    • 翻訳:吉野裕
    • 発行者:下中直人
    • 発行所:株式会社平凡社

この項目のリッチレイアウト

蛤貝比売

ソーシャルリンク