鴆(ちん)

Zhèn

地域・カテゴリ

説明

中国において恐れられた想像上の鳥。サギ程の大きさ緑色の羽を持ち、唇は赤いとされる。「毒」と呼ばれる猛毒を持つと考えられ怖れられた。雄は「雲日」、雌は「陰諧」と呼ばれた。漢の創始皇帝劉邦が死んだとき、その皇太子の地位を趙王如意が奪おうとした。このとき皇太子の母であった呂太后は鴆毒を用いて如意を殺したという。鴆の毒はてきめんで、鴆の羽根でかき混ぜただけの酒を飲んだだけで如意は死んでしまったという。

画像一覧

鴆(ちん)

寺島良安編「和漢三才図会」より
国立国会図書館デジタルコレクション蔵

キーワード

参考文献

  • 03幻想動物辞典 DICTIONARY OF THE MONSTER
    • 著者:草野巧
    • 編集:株式会社新紀元社編集部
    • 発行者:高松謙二
    • 発行所:株式会社新紀元社

この項目のリッチレイアウト

鴆(ちん)

ソーシャルリンク