天吳(てんご)

Tiān-wú

地域・カテゴリ

説明

中国において最古の地理書とされる「山海経」の海外東経の項に記されている神の一人。朝陽の谷の水伯(水の神)であり、二つの川の間にいて、人面獣身で八首八足八尾で、体は青黄色をしているという。また天吳の名は大荒東経の項にも見られ、それによれば天吳は蓋余の国の神人であり、八首十尾の人面で虎身であるという。

画像一覧

天吳

「山海經(せんがいきょう)」(不明)より
ページ:v03p024
郭璞(伝)著
国立国会図書館(National Diet Library)蔵
Copyright : pubric domain

天呉

「唐土訓蒙圖彙(もろこしきんもうずい)」(1802)より
ページ:v02p046
平住専庵著
国立国会図書館(National Diet Library)蔵
Copyright : pubric domain

キーワード

参考文献

  • 35山海経 中国古代の神話世界
    • 翻訳:高馬三良
    • 発行者:下中直人
    • 発行所:株式会社平凡社

この項目のリッチレイアウト

天吳(てんご)

ソーシャルリンク