高御産巣日神

たかみむすひのかみ

地域・カテゴリ

説明

日本神話において、天地の初めに天之御中主神神産巣日神とともに高天原に現れた造化三神の一柱。「高皇産霊尊(たかみむすひのみこと)」、「高木神(たかぎのかみ)」、「高天彦神(たかまひこのかみ)」などの別称がある。独神でありながらも単独で𣑥幡千千姫思金神を生んだ。高御産巣日神を男性的な神格、神産巣日神を母性的な神格とする対の男女の産霊の神とされる。本来農耕、生産に深く関係している神で、また「天地を鎔造した」ことから金属に関わる文化も司る。天孫降臨、国譲り、神武東征などの場面にしばしば登場し、政略的な力を発揮する、天照大御神とともに高天原の司令官として祭事、政治、軍事を司る。そのため、交渉を成功させる、人間関係を発展させるなどの神徳もあると考えられている。

関連項目

参考文献

  • 15Books Esoterica エソテリカ事典シリーズ
    日本の神々の事典 神道祭祀と八百万の神々
    • 編集:増田秀光
    • 発行者:中村雅夫
    • 発行所:株式会社学習研究社
  • 18日本の神様読み解き事典
    • 著者:川口謙二
    • 編集:川口謙二
    • 発行者:芳賀啓
    • 発行所:柏書房株式会社
  • 20古事記 祝詞 日本古典文学大系1
    • 発行者:岩波雄二郎
    • 発行所:株式会社岩波書店
  • 21古事記(上)-全三巻-
    • 発行者:野間佐和子
    • 発行所:株式会社講談社
  • 22日本書紀(一)〔全5冊〕
    • 発行者:山口昭男
    • 発行所:株式会社岩波書店

この項目のリッチレイアウト

高御産巣日神

ソーシャルリンク