須佐之男命

すさのおのみこと

地域・カテゴリ

説明

日本において記紀・風土記などに見える英雄神。同訓で「素戔嗚尊」とも書かれる。また「建速須佐之男命(たけはやすさのおのみこと)」、「速須佐之男命(はやすさのおのみこと)」、「神素戔嗚尊(かむすさのおのみこと)」などの数多くの別称をもつ(下表参照)。「日本書紀」に拠れば伊邪那岐命伊邪那美命の御子神の一柱であり、また「古事記」に拠れば伊邪那岐命が鼻を洗った時に生まれ出でた神であるとされる。
天照大御神月読命と並んで「三貴神」と称される。父神により海原を治めるよう命じられたが、この命に従わず、その凶暴さによって高天原を追放され、最終的に出雲に下ったとされる。前述のように命に従わなかったり、母神の死をいつまでお引きずり泣いてばかりで政をおろそかにしたりといった子供のような性格を見せる一方、英雄神として八岐大蛇を退治し、櫛名田比売と結婚して宮を営んだ。後には子とともに新羅に渡り、わが国に植林法を伝えたという。暴風神・農業神・英雄神など多面的な神格を持つ神とされる。

天照大御神との誓約(うけい)により五男三女の八柱(天之忍穂耳命天之菩卑能命天津日子根命活津日子根命熊野久須毘命の五男と多紀理毘売命市寸島比売命多岐都比売命の三女)を互いに生んだほか、櫛名田比売や神大市比売との間に御子神をもうけており、またそのほかにも子神が多い。

埼玉県さいたま市大宮区にある「氷川神社(ひかわじんじゃ)」を総本社とする各地の氷川神社、京都府京都市東山区にある「八坂神社(やさかじんじゃ)」をはじめとする各地の八坂神社、各地の「須佐神社(すさじんじゃ)」において主祭神として祀られる。また島根県松江市八雲町にある「熊野大社(くまのたいしゃ)」では伊奘奈枳乃麻奈子坐熊野加武呂乃命須佐之男命の別名として祀り、熊野三山のうち「熊野本宮大社(くまのほんぐうたいしゃ)」に祀られる家都御子大神も須佐之男命の別名とされるため、一部の熊野神社は須佐之男命を主祭神の一柱に含むことがある。

この項目に関する表

須佐之男命の別称一覧》
出典 名称

古事記

建速須佐之男命

速須佐之男命

須佐之男命

須佐能男命

日本書紀

素戔鳴尊

武素戔鳴尊

神素戔嗚尊

速素戔嗚尊

先代旧事本紀

素戔烏尊

建速素戔烏尊

素戔烏尊

延喜式

須佐能袁能神

須佐能袁能神

古語拾遺

素戔鳴神

新撰姓氏録

素佐能雄命

出雲国風土記

神須佐乃烏命

神須佐能袁命

須佐乎命

須佐能烏命

須佐能袁命

須佐袁命

須作能乎命

その他

神速進佐之男命

建速須佐之男大神

武速須佐廼男命

素佐男神

素盞鳴大神

進雄命

須佐奈男尊

速須佐之大神

※他に数多くの表記、別称が存在する。

《須佐之男命の御子神》

櫛名田比売との間に

八嶋士奴美神

大国主神

神大市比売との間に

大年神

宇迦之御魂神

その他の子神

五十猛神

大屋津姫命

柧津姫命

須勢理毘売

都留支日子命

青幡佐久佐日古命

国忍別命

磐坂日子命

衝桙等乎而留比古命

八野若日女命

天照大御神との誓約(うけい)によって生まれた神は除く。

関連項目

キーワード

参考文献

  • 18日本の神様読み解き事典
    • 著者:川口謙二
    • 編集:川口謙二
    • 発行者:芳賀啓
    • 発行所:柏書房株式会社
  • 21古事記(上)-全三巻-
    • 発行者:野間佐和子
    • 発行所:株式会社講談社
  • 22日本書紀(一)〔全5冊〕
    • 発行者:山口昭男
    • 発行所:株式会社岩波書店
  • 59神道大辞典
    • 監修:下中弥三郎
    • 発行者:下中弥三郎
    • 発行所:平凡社

この項目のリッチレイアウト

須佐之男命

ソーシャルリンク