白日別

しらひわけ

地域・カテゴリ

説明

記紀神話における地霊。伊邪那岐命伊邪那美命による国産みの際生まれた14島の4番目で大八島に属する筑紫島のうち、筑紫国(つくしのくに)つまり現在の福岡県辺りを神格化した存在。神名の「白日(しらひ)」は恐らく「白く輝く太陽」といった意味だろうが、筑紫国に何故この神名を当てたかは不明。

参考文献

  • 18日本の神様読み解き事典
    • 著者:川口謙二
    • 編集:川口謙二
    • 発行者:芳賀啓
    • 発行所:柏書房株式会社
  • 21古事記(上)-全三巻-
    • 発行者:野間佐和子
    • 発行所:株式会社講談社

この項目のリッチレイアウト

白日別

ソーシャルリンク