セト

Set, Seth

地域・カテゴリ

説明

エジプトにおける悪神で争いと渾沌をもたらす神。「ステク(Sutekh)」とも呼ばれる。エジプトの他の神によく見られるように獣頭神で、黒豚やカバ、ワニの頭を持っているとされることもあるが、本来セトの頭についている動物は謎とされており、普通「セトの動物」と表現される。その形は犬や狐のようだが鼻の部分は鳥のクチバシのように長くなっており、耳は角張っている。

もともと夜の闇を支配する戦闘の神であり、太陽神レーが天空を航海する時はセトが船の先頭にたってアポピスと戦ったという。ゲブヌートの間に生まれた神で、オシリスイシスの弟であり、ネフティスは双子の妹でかつ妻である。兄オシリスの持つエジプト王位を奪うためにオシリスを騙して箱に詰め、ナイル川に投げ捨てたが、イシスがそれを見つけオシリスを隠匿した。それに見つけたセトはオシリスの遺体を14に分けエジプト各地にばらまいてしまう。結局オシリスはイシスの尽力により蘇った。それからセトの悪意の矛先はオシリスの息子であるホルスに向けられたが、ホルスはセトを打ち負かしてしまった。若いホルスがセトを圧倒できたのはオシリスが時々冥界から戻ってはホルスに戦いの仕方を教えていたからであるとされる。その後セトはホルスと神々の王権を争ったが、オシリスの口添えもありホルスが王権を勝ち取った。しかしセトの強大な力を恐れた神々はネイトの提案によりアナトアスタルテを妻として与え彼を慰めたという。

関連項目

キーワード

参考文献

  • 01西洋神名辞典 DICTIONARY OF GODDESSES AND GODS
    • 監修:山北篤
    • 著者:稲葉義明、桂令夫、他
    • 発行者:高松謙二
    • 発行所:株式会社新紀元社
  • 03幻想動物辞典 DICTIONARY OF THE MONSTER
    • 著者:草野巧
    • 編集:株式会社新紀元社編集部
    • 発行者:高松謙二
    • 発行所:株式会社新紀元社
  • 04悪魔辞典 DICTIONARY OF DEMONS AND DEVILS
    • 監修:山北篤、佐藤俊之
    • 著者:桂令夫、佐藤俊之、他
    • 発行者:高松謙二
    • 発行所:株式会社新紀元社
  • 07ヴィジュアル版
    世界の神話百科『東洋編』 エジプトからインド、中国まで
    • 監修:近藤二郎、中村忠男、前田龍彦
    • 著者:レイチェル・ストーム
    • 翻訳:山本史郎、山本泰子
    • 発行者:成瀬雅人
    • 発行所:株式会社原書房
  • 30Truth In Fantasy 64
    エジプトの神々
    • 著者:池上正太
    • 発行者:高松譲二
    • 発行所:株式会社新紀元社

この項目のリッチレイアウト

セト

ソーシャルリンク