散脂大将(さんしたいしょう)

Pañcika, Pāñcika

地域・カテゴリ

説明

仏教において毘沙門天の眷属とされる夜叉ないし羅刹で、八大夜叉大将の一人で鬼子母神の夫としても知られる。「パンチカ(Pañcika)」ないし「パーンチカ(Pāñcika)」というヤクシャを元にしており、「散脂大将」のほか、様々に音写される(下表参照)。毘沙門天に従いあらゆる生き物の善悪を推し量り守護する神だという。髪の逆立った忿怒相で、甲冑を身に着け左手を拳にして右手に長柄の戟を持った姿で表される。八大夜叉大将の他にも二十八部衆や二十天に列される。

この項目に関する表

散脂大将の別称》
散脂夜叉大将
散脂鬼神大将
散支迦大将
半只迦大将
般支迦大将
半支迦薬叉王
半支迦薬叉大将
散支夜叉
半支
半只
半支迦
散支
散脂迦
般止柯
般闍迦

画像一覧

散脂大將

国訳秘密儀軌編纂局 編
「新纂仏像図鑑 天之巻」より
国立国会図書館蔵
Copyright: public domain

キーワード

参考文献

  • 47密教辞典
    • 編集:佐和隆研
    • 発行者:西村七兵衛
    • 発行所:株式会社法藏館

この項目のリッチレイアウト

散脂大将(さんしたいしょう)

ソーシャルリンク