藍婆(らんば)

Lambhā

地域・カテゴリ

説明

仏教において普賢菩薩の眷属とされる十羅刹女の一人。サンスクリット名を「ラムバー(Lambhā)」といい、名前には「捕虜にすること」といった意味がある。このため「有結縛(うけつばく)」、「結縛(けつばく)」とも意味訳される。元々は人間を縛り引っ立て殺害する羅刹女であったが、帰依したのちは煩悩の賊を縛するという。本地は阿閦如来とされ、右手に剣を持ち甲冑を纏った姿で表される。また別伝では三惑を断ずる意味をもって三角菱を手にするという。

画像一覧

藍婆

国訳秘密儀軌編纂局 編
「新纂仏像図鑑 天之巻」より
国立国会図書館蔵
Copyright: public domain

キーワード

参考文献

  • 47密教辞典
    • 編集:佐和隆研
    • 発行者:西村七兵衛
    • 発行所:株式会社法藏館

この項目のリッチレイアウト

藍婆(らんば)

ソーシャルリンク