ラークシャサ

Rakshasa, Rākṣasa

地域・カテゴリ

説明

ヒンドゥー教において悪鬼で半神とされる一群のこと。女のラークシャサラークシャシーと呼ばれる。身内には親切で忠実だが、仲間以外には貪欲で好色で凶暴な面を見せるという。ブラフマーの足から生まれたとも、聖仙カシュヤパの子孫だとも言われ、ヴィシュヴァカルマンの作った荘厳な都市にすんでいる。無害であるヤクシャもラークシャサに含まれるが、多くは神々の敵とされる。仏教においては漢訳で「羅刹(らせつ)」と称される。

関連項目

参考文献

  • 03幻想動物辞典 DICTIONARY OF THE MONSTER
    • 著者:草野巧
    • 編集:株式会社新紀元社編集部
    • 発行者:高松謙二
    • 発行所:株式会社新紀元社
  • 07ヴィジュアル版
    世界の神話百科『東洋編』 エジプトからインド、中国まで
    • 監修:近藤二郎、中村忠男、前田龍彦
    • 著者:レイチェル・ストーム
    • 翻訳:山本史郎、山本泰子
    • 発行者:成瀬雅人
    • 発行所:株式会社原書房

この項目のリッチレイアウト

ラークシャサ

ソーシャルリンク