ラハブ

Rahab

地域・カテゴリ

説明

新約聖書や旧約聖書の「ヨブ記」などに見える怪物めいた天使。バビロニア神話のラハムをモデルとし、名前は「暴力」を意味する。海を支配する天使であり「原始の海の王子」と称され、世界と等しいほど大きな蛇の姿をしていたと考えられている。神の天地創造の際に世界中の水を全て飲み込むように命じられたが、これに反抗したため神に蹴り殺され、堕天使となった。ラハブの死骸はひどい悪臭を放つようになったので、神はその死骸を深い海の底を沈めたという。また別の伝説によればラジエルがアダムに与えた世界の全てが書かれた秘書「セファー・ラジエル(Sefar Raziel)」が妬み深い天使によって奪われ海に捨てられた時、ラハブはこれを探し出しアダムに返したとされる。

関連項目

キーワード

参考文献

  • 01西洋神名辞典 DICTIONARY OF GODDESSES AND GODS
    • 監修:山北篤
    • 著者:稲葉義明、桂令夫、他
    • 発行者:高松謙二
    • 発行所:株式会社新紀元社
  • 03幻想動物辞典 DICTIONARY OF THE MONSTER
    • 著者:草野巧
    • 編集:株式会社新紀元社編集部
    • 発行者:高松謙二
    • 発行所:株式会社新紀元社
  • 04悪魔辞典 DICTIONARY OF DEMONS AND DEVILS
    • 監修:山北篤、佐藤俊之
    • 著者:桂令夫、佐藤俊之、他
    • 発行者:高松謙二
    • 発行所:株式会社新紀元社
  • 12天使
    • 著者:真野隆也
    • 発行者:高松謙二
    • 発行所:株式会社新紀元社
  • 13天使辞典 (原題:A Dictionary of Angels -including the fallen angels-)
    • 著者:Gustav Davidson(グスタフ=デイヴィッドスン)
    • 発行者:矢部敬一
    • 発行所:株式会社創元社
  • 40Truth In Fantasy 74
    オリエントの神々
    • 著者:池上正太
    • 発行者:大貫尚雄
    • 発行所:株式会社新紀元社

この項目のリッチレイアウト

ラハブ

ソーシャルリンク