パチャママ

Pachamama, Pacha Mama

地域・カテゴリ

説明

インカにおける地母神で、植物や動物の豊穣・多産を司る女神。パチャママは太古からの神だが、今でもその信仰は続いており、農耕の重要な節目の時期には、コカ(エリトロキシロン・コカ)の葉やチチャ(トウモロコシで作ったビール)とともに祈りが捧げられる。伝承によればインカ帝国の始祖の一人マンコ・カパックがクスコに侵入して征服する前にパチャママに対して一頭のリャマを生贄に捧げている。そして同じく始祖の一人であるママ・ワコは、そのリャマの胸を割いて肺を取り出し、それに息を吹き込んで膨らませた。ママ・ワコはこの肺を携え、インティの紋章を手にしたマンコ・カパックとともにクスコに入ったという。 キリスト教の聖母マリアと同一視されることもある。

参考文献

  • 01西洋神名辞典 DICTIONARY OF GODDESSES AND GODS
    • 監修:山北篤
    • 著者:稲葉義明、桂令夫、他
    • 発行者:高松謙二
    • 発行所:株式会社新紀元社

この項目のリッチレイアウト

パチャママ

ソーシャルリンク