おとら狐

おとらぎつね

地域・カテゴリ

説明

日本の愛知県東部の八名郡地方に伝わる人に憑く狐。単に「おとら」とも呼ばれる。おもに病人に憑き、左の目から目やにを出させ、左足に痛みを生じさせる。これはおとら狐が片目片足のせいだという。憑いた者の口を借りておとら狐が語った話によれば、長篠の合戦を見物していた時に流れ弾に当たり片目を失い、また片足は信州(現在の長野県)の犀川で昼寝をしていたときに狩人に撃たれたせいで失ったのだという。個人だけでなく家系に代々憑く場合もある。おとら狐を祓うには行者に憑き物落としをしてもらうか、山住さんを迎えるのが良いとされた。山住さんとは静岡県の山住神社の犬のことである。

キーワード

参考文献

  • 24妖怪事典
    • 著者:村上健司
    • 編集:山本敦
    • 発行者:山本進
    • 発行所:毎日新聞社

この項目のリッチレイアウト

おとら狐

ソーシャルリンク