オシリス

Osiris

地域・カテゴリ

説明

エジプト神話における冥界の主宰神。「ウシル(Wsir)」とも呼ばれる。天空の女神ヌートと大地の神ゲブの間に生まれた。イシスネフティスセトとは兄弟にあたる。また自分の妹であるイシスを妻にしてホルスウェプワウェトを、セトの妻であるはずのネフティスとの間にはアヌビスをもうけている。

ゲブの地位を次いで地上の支配者となったオシリスは、まだ文化を知らなかった人間に作物の育て方や音楽・芸術を教えた。武力行使を嫌ったオシリスはこうして知識と文化を諸国を巡って人間たちに伝えていったが、これが戦争の神である弟のセトの癇に障った。セトは計略により兄であるオシリスを殺して復活しないようにその死体をエジプト中にばら撒いたのである(あるいは棺桶に閉じ込めナイル川に流して溺死させたとする神話もある)。オシリスは妻イシスの尽力もあって一度は復活するが、イシスとの間にホルスをもうけると冥界に戻っていってしまった。こうしてオシリスは冥界に君臨する王となった。死者の善悪を定めるのはオシリスの役目であるため、神でさえ死後はオシリスの支配下におかれるという。これを恐れた神々はオシリスの望むとおりホルスを王位に継がせたのである。

オシリスはエジプトの最古の神と考えられているが、その出自ははっきりせず、下エジプトの穀物の育成を司る神を起源とする説や、先王朝時代(B.C.5500~B.C.3100)のシリアの王をモデルとする説などがある。しかしオシリスに対する信仰は古王国時代(B.C.2686~B.C.2181)にはすでに存在しており、その後多くの神格を取り込み勢力を拡大していったものと思われる。オシリスは人間、或いは白い衣をまとったミイラの姿で表される。王権の象徴である鞭と牧杖を持ち、上エジプトの王の証しである白い冠もしくはアテフ冠をかぶる。

関連項目

キーワード

参考文献

  • 01西洋神名辞典 DICTIONARY OF GODDESSES AND GODS
    • 監修:山北篤
    • 著者:稲葉義明、桂令夫、他
    • 発行者:高松謙二
    • 発行所:株式会社新紀元社
  • 04悪魔辞典 DICTIONARY OF DEMONS AND DEVILS
    • 監修:山北篤、佐藤俊之
    • 著者:桂令夫、佐藤俊之、他
    • 発行者:高松謙二
    • 発行所:株式会社新紀元社
  • 07ヴィジュアル版
    世界の神話百科『東洋編』 エジプトからインド、中国まで
    • 監修:近藤二郎、中村忠男、前田龍彦
    • 著者:レイチェル・ストーム
    • 翻訳:山本史郎、山本泰子
    • 発行者:成瀬雅人
    • 発行所:株式会社原書房

この項目のリッチレイアウト

オシリス

ソーシャルリンク