オクトリアラッハ

Octriallach

地域・カテゴリ

説明

ケルト神話において、トゥアハ・デ・ダナーン(ダーナ神族)と対抗するフォモール(巨人族)の若き長。フォモールの王インジッヒの息子とされる。オクトリアラッハはダーナ神族と戦っていたとき、フォモールが神々を幾ら傷つけてもしばらくすると無傷で戦場に戻ってくることに気がついた。これは治癒の神ディアンケトの魔法の泉の効力によるもので、ディアンケトがこの泉に負傷者を漬ければ、例え死者でもたちどころに生命を取り戻す、というものだった。これを突き止めたオクトリアラッハは夜の闇にまぎれて部下と共にその魔法の泉を急襲し、川底から持ってきた大きな石を次々と投げいれて魔法の泉を埋め立ててしまった。これよって以降神々は復活することができなくなったという。

参考文献

  • 04悪魔辞典 DICTIONARY OF DEMONS AND DEVILS
    • 監修:山北篤、佐藤俊之
    • 著者:桂令夫、佐藤俊之、他
    • 発行者:高松謙二
    • 発行所:株式会社新紀元社

この項目のリッチレイアウト

オクトリアラッハ

ソーシャルリンク