朧車

おぼろぐるま

地域・カテゴリ

説明

日本で平安時代に夜の都大路に現れたという妖怪。鳥山石燕の「今昔百鬼拾遺」に見えるが、他の文献には見当たらないので石燕の創作と見られる。牛車の形をしているが牛が引いておらず、前面の本来簾がかかっている場所には巨大な夜叉のような顔がついている。全体に半透明になっていてはっきりとした存在感は無い。月がかすんでいるような朧月夜に出現し、都大路をギシギシと音を立てて走り回るという。昔は貴族が祭り見物などをしに行くときは牛車で出かけよく見える場所にとめて見物した。この時牛車を止める場所を他の者と揉めることを「車争い」と言った。石燕によれば、朧車は車争いの遺恨が妖怪になったものだという。

画像一覧

朧車(おぼろぐるま)

1805
鳥山石燕著
「今昔百鬼拾遺(霧)(こんじゃくひゃっきしゅうい・きり)」より
国立国会図書館蔵
Copyright: public domain

むかし賀茂の大路をおぼろ夜に車のきしる音しけり/出てみれば異形のもの也/車争の遺恨にや

キーワード

参考文献

  • 03幻想動物辞典 DICTIONARY OF THE MONSTER
    • 著者:草野巧
    • 編集:株式会社新紀元社編集部
    • 発行者:高松謙二
    • 発行所:株式会社新紀元社
  • 24妖怪事典
    • 著者:村上健司
    • 編集:山本敦
    • 発行者:山本進
    • 発行所:毎日新聞社

この項目のリッチレイアウト

朧車

ソーシャルリンク