ナルムクツェ

Nalmuqtse

地域・カテゴリ

説明

ネイティブアメリカンの一部族、クートネー族(クテナイ族)の神話に伝わる巨人。体があまりにも巨大で、頭が天につかえるため、常に四つんばいで移動していたという。ナルムクツェの移動した跡は亀裂などになって今も残っているとされる。最後に立ち上がったときに頭を天に打ち付けた弾みで力の元だった頭飾りを落としてしまい、力が抜けて死んでしまったという。

参考文献

  • 10シリーズファンタジー百科
    世界の怪物・神獣辞典
    • 著者:キャロル=ローズ
    • 発行者:成瀬雅人
    • 発行所:株式会社原書房

この項目のリッチレイアウト

ナルムクツェ

ソーシャルリンク