文殊八大童子

もんじゅはちだいどうじ

地域・カテゴリ

説明

仏教において文殊菩薩の眷属とされる八人の童子。「八智尊(はっちそん)」とも呼ばれ胎蔵界曼荼羅では菩薩として描かれる。「唵=ॐ(oṃ)」、「阿・噁=आः(āh)」、「味・尾=वी(vī)」、「羅=र(ra)」、「吽=हूं(hūṃ)」、「欠・怯=ख(kha)」、「者・左=च(ca)」、「落・洛=रः(raḥ)」の八字を真言とする文殊菩薩である、「八字文殊菩薩(はちじもんじゅぼさつ)」の八種の功徳をそれぞれ司るとされる。これらの童子は八字のうちの一字を種字とする。

この項目に関する表

文殊八大童子
種字 漢名 梵名 方角

01: 唵=ॐ(oṃ)

請召童子

アーカルシャニー

02: 阿・噁=आः(āh)

計設尼童子

ケーシーニー

東北

03: 味・尾=वी(vī)

質多羅童子

チトラー

04: 羅=र(ra)

烏波計設尼童子

ウパケーシーニー

東南

05: 吽=हूं(hūṃ)

光網童子

ジャーリニープラバ

06: 欠・怯=ख(kha)

地慧童子

ヴァスマティー

西南

07: 者・左=च(ca)

無垢光童子

ヴィマラプラバ

西

08: 落・洛=रः(raḥ)

不思議慧童子

アチンティヤマティ

西北

関連項目

キーワード

参考文献

  • 47密教辞典
    • 編集:佐和隆研
    • 発行者:西村七兵衛
    • 発行所:株式会社法藏館
  • 57佛教大辭典
    • 著者:望月信了
    • 発行者:坂田良弘
    • 発行所:佛教大辭典發行所

この項目のリッチレイアウト

文殊八大童子

ソーシャルリンク