蓑火

みのび

地域・カテゴリ

説明

滋賀県の琵琶湖で見られるという怪火。五月頃、見通しの悪い霧雨の降る夜などに船に乗っている人の蓑に点々を火が纏わりつくという。静かに蓑を脱ぎ捨てれば火は消えるが、慌てて手で払ったりすると纏わり憑く火が増えてしまう。琵琶湖で溺死した者たち怨霊の火と伝えられている。こういった怪火は他の地方でも見られ、秋田県、新潟県、福井県などでは「蓑虫(みのむし)」、「蓑ぼし」、千葉県の印旛沼では「川蛍(かわぼたる)」などと呼ばれている。

画像一覧

蓑火(みのび)

1805
鳥山石燕著
「今昔百鬼拾遺(霧)(こんじゃくひゃっきしゅうい・きり)」より
国立国会図書館蔵
Copyright: public domain

田舎道などによな々々火のみゆるハ/多くハ狐火なり/この雨にきるたみのゝ嶋とよみし蓑より火の出しハ陰中の陽気か/又は耕作に苦める百姓の臑の火なるべし

キーワード

参考文献

  • 24妖怪事典
    • 著者:村上健司
    • 編集:山本敦
    • 発行者:山本進
    • 発行所:毎日新聞社

この項目のリッチレイアウト

蓑火

ソーシャルリンク