真玉著玉之邑日女命

またまつくたまのむらひめのみこと

地域・カテゴリ

説明

「出雲国風土記」に登場する神。旧字では「眞玉著玉之邑日女命」と書く。風土記中の神門郡朝山郷(現在の島根県出雲市の一部)の地名由来譚に登場する。神魂命(かみむすひのみこと→神産巣日神)の子神であり、大穴持命(おおなもちのみこと→大国主神)の妃神とされる。大穴持命がこの地で真玉著玉之邑日女命を娶り、毎朝通ったことからこの地を「朝山」というようになったのだという。島根県出雲市朝山町にある「朝山神社(あさやまじんじゃ)」では真玉著玉之邑日女命を主祭神とし、親神である神魂命、夫神である大己貴命の両神を配祀する。

参考文献

  • 59神道大辞典
    • 監修:下中弥三郎
    • 発行者:下中弥三郎
    • 発行所:平凡社

この項目のリッチレイアウト

真玉著玉之邑日女命

ソーシャルリンク