マンガラ

Maṅgala, Mangala

地域・カテゴリ

説明

ヒンズー教において火星と火曜と司る神で「ナヴァグラハ(Navagraha=九曜)」の一人。「アンガーラカ(Aṅgāraka)」、「バウマ(Bhauma)」とも呼ばれる。大地母神である「プリティヴィー(Pṛthvī)」や「ブーミ(Bhūmi)」の息子とされる。

仏教ではアンガラカを「盎哦囉迦(おうがらか)」(宿曜経)と音写し、胎蔵界曼荼羅の外金剛部院(最外院)南方に配置される。

関連項目

キーワード

参考文献

  • 43マンダラの基礎知識 密教宇宙の構造と儀礼
    • 著者:越智淳仁
    • 発行者:石原大道
    • 発行所:有限会社大法輪閣

この項目のリッチレイアウト

マンガラ

ソーシャルリンク