闇淤加美神

くらおかみのかみ

地域・カテゴリ

説明

日本記紀神話に登場する水神。名前の「クラ」は谷間、「オカミ」は龍の古語で水神を意味し、総じて水を司る谷間の龍神を意味する。闇淤加美神は古事記での表記で、「日本書紀」では「闇龗(くらおかみ)」と記される。また「闇意賀美大神(くらおかみのおおかみ)」、「闇靇神(くらおかみのかみ)」などの表記もみられる。伊邪那岐命火之迦具土神を刀(→伊都尾羽張神)で斬った時、その血から生まれた神の一柱とされる。大阪府岸和田市にある「意賀美神社(おがみじんじゃ)」、岐阜県揖斐郡揖斐川町にある「貴船神社(きふねじんじゃ)」などで祀られる。

関連項目

キーワード

参考文献

  • 21古事記(上)-全三巻-
    • 発行者:野間佐和子
    • 発行所:株式会社講談社
  • 22日本書紀(一)〔全5冊〕
    • 発行者:山口昭男
    • 発行所:株式会社岩波書店

この項目のリッチレイアウト

闇淤加美神

ソーシャルリンク