クヌム

Khnum

地域・カテゴリ

説明

古代エジプトにおいて人類を創造したとされる神。「フヌム(Hnmw)」とも呼ばれる。配偶神はサテトアヌケト、あるいはヘケトなど。カタラクト(瀑布地帯)の神でナイル川を象徴し、多産と創造の神とされる。南エジプトで信仰され、主聖所は象牙の島(エレファンティネ)にあり、配偶神とともに祀られた。角を生やした雄羊の頭を持つ男、あるいは雄羊そのもので表現される。ろくろの前に座った姿で描かれることが多い。太陽神レーが信仰されるより古くからの神で、クヌム信仰においてはこの神こそが創造神であり、他の神々やナイル河を含め全てのものを創ったとされた。恐らくナイル川の氾濫によって運ばれる泥土を象徴する神であり、肥沃な大地=豊穣や陶芸・陶器を司る神とされる。土をこね、ろくろを使って人間や動物を作ったといわれる。またナイル川の源流を守る水番であり、ナイル川の増水を司っているとも考えられた。普段は温和だが、怒ると恐ろしい神であり、アスワン付近にあるナイル河の急流地帯に棲んでおり、ナイル川の水量を調節し、洪水や旱魃さえ意のままに起こすことが出来たという。また、ヌビアの神ドゥーンドゥーンはクヌムと一体化するに至っている。

関連項目

キーワード

参考文献

  • 03幻想動物辞典 DICTIONARY OF THE MONSTER
    • 著者:草野巧
    • 編集:株式会社新紀元社編集部
    • 発行者:高松謙二
    • 発行所:株式会社新紀元社
  • 07ヴィジュアル版
    世界の神話百科『東洋編』 エジプトからインド、中国まで
    • 監修:近藤二郎、中村忠男、前田龍彦
    • 著者:レイチェル・ストーム
    • 翻訳:山本史郎、山本泰子
    • 発行者:成瀬雅人
    • 発行所:株式会社原書房
  • 30Truth In Fantasy 64
    エジプトの神々
    • 著者:池上正太
    • 発行者:高松譲二
    • 発行所:株式会社新紀元社

この項目のリッチレイアウト

クヌム

ソーシャルリンク