孔雀明王(くじゃくみょうおう)

Mahāmayūrī

地域・カテゴリ

説明

仏教において明王の一。サンスクリットでは「マハーマユーリー(Mahāmayūrī)」と呼ばれ、これは「大いなる雌の孔雀」を意味する。これを音訳し「摩訶摩瑜利(まかまゆり)」、或いは尊格から「大孔雀明妃(だいくじゃくみょうひ)」、「孔雀王母(くじゃくおうも)」、「孔雀仏母(くじゃくぶつも)」、「仏母大孔雀明王(ぶつもだいくじゃくみょうおう)」、「孔雀王(くじゃくおう)」、などの名で呼ばれる。

クジャクが毒草や毒虫を食するが如く人間の三毒(貪欲・瞋恚・愚痴)を食べ、災厄や苦痛を除くことを本願とする。日本に最も古くから伝えられた明王だと考えられている。元々は女性の神であるが、日本では男性として描かれる。また明王とはされるが忿怒形ではないため「孔雀王母菩薩(くじゃくおうもぼさつ)」とも称する。像容は普通一面六臂が多く、蓮華、具縁果など4種のものを持ち、孔雀の上に坐し、明王では唯一忿怒相ではなく慈悲相を示す。胎蔵界曼荼羅においては蘇悉地院に配される。

密号は「仏母金剛(ぶつもこんごう)」、種字は「म(ma)」、「यु(yu)」、真言は「曩謨諦吒囉囉娑嚩賀(のうまくていたららそわか)」、「唵摩庾羅訖蘭帝莎呵(おんまゆらきらんていそわか)」、三昧耶形は孔雀尾、半月。

画像一覧

孔雀明王

「大正新脩大藏經図像部 第3巻」
「高野山眞別處圓通寺藏「圖像抄 巻第三」より
大蔵出版
©大蔵出版及びSAT大蔵経データベース研究会(Licensed under CC BY-SA 4.0)

請雨経法本尊としての図像。

キーワード

参考文献

  • 46仏尊のご利益・功徳事典
    • 著者:大森義成
    • 発行者:大沢広彰
    • 発行所:株式会社学習研究社

この項目のリッチレイアウト

孔雀明王(くじゃくみょうおう)

ソーシャルリンク