鳩槃荼(くはんだ)

kumbhāṇḍa

地域・カテゴリ

説明

「くばんだ」とも発音する。仏教における悪鬼の一種。インド神話に登場する「クンバーンダ(kumbhāṇḍa)」が仏教に取り込まれたもの。「クンバーンダ」とは「甕の形の睾丸」という意味を持ち、その名の通り甕の如く大きな睾丸を持つ種族とされる。このため、「甕形鬼(おうぎょうき)」、「冬瓜鬼(とうがんき)」などとも呼ばれる。また「鳩槃荼」の他に「拘辨荼(くべんだ)」、「弓槃荼(きゅうばんだ)」と音写したり、「鳩槃荼鬼(くはんだき)」、「鳩槃荼夜叉神(くはんだやしゃじん)」と呼ばれることもある。八部鬼衆の一尊で「薛茘多(へいれいた)」(→餓鬼)とともに増長天の眷属とされる。胎蔵界曼荼羅では「鳩槃荼女(くはんだにょ)」とともに外金剛部院(最外院)の南(右)方に配される。

画像一覧

鳩槃荼

国訳秘密儀軌編纂局 編
「新纂仏像図鑑 天之巻」より
国立国会図書館蔵
Copyright: public domain

キーワード

参考文献

  • 02東洋神名辞典 DICTIONARY OF DETIES AND DEVINES
    • 監修:山北篤
    • 著者:桂令夫、草野巧、久保田悠羅、他
    • 発行者:高松謙二
    • 発行所:株式会社新紀元社
  • 47密教辞典
    • 編集:佐和隆研
    • 発行者:西村七兵衛
    • 発行所:株式会社法藏館

この項目のリッチレイアウト

鳩槃荼(くはんだ)

ソーシャルリンク