宮毘羅(くびら)

Kumbhīra

地域・カテゴリ

説明

仏教において、薬師如来の眷属十二神将の一尊。般若菩薩の眷属である十六善神の一尊「禁毘羅(きんぴら)」は同体とされる。古代インド、マガダ王国の首都ラージャグルハ(王舎城と漢訳される)の守護神「クンビーラ(Kumbhīra)」が仏教に取り込まれたもので、音訳で「倶毘羅(くびら)」、「倶尾羅(くびら)」、「宮毘羅大将(くびらたいしょう)」、また意味訳から「鰐魚(がくぎょ)」とも呼ばれる。十二支のうち子ないし亥の神で本地は弥勒菩薩だとされ、武装し、忿怒(ふんぬ)の姿をとるが、持物は一定しない。

日本では十二神将の他に大物主神と習合し「金毘羅(こんぴら)」の名で海神としても信仰されている

画像一覧

宮毘羅大將

国訳秘密儀軌編纂局 編
「新纂仏像図鑑 天之巻」より
国立国会図書館蔵
Copyright: public domain

赤色の身色で忿怒形。天衣と甲冑を着け冠上に鼠を置き左手は伸ばし右手は索を持つ。

宮毘羅大將

国訳秘密儀軌編纂局 編
「新纂仏像図鑑 天之巻」より
国立国会図書館蔵
Copyright: public domain

猪冠を戴き右手に持った剣を頭上で振りかぶり、左手は開いて腰に当てる。

キーワード

参考文献

  • 34Books Esoterica エソテリカ事典シリーズ
    仏尊の事典 壮大なる仏教宇宙の仏たち
    • 編集:増田秀光
    • 発行者:中村雅夫
    • 発行所:株式会社学習研究社
  • 47密教辞典
    • 編集:佐和隆研
    • 発行者:西村七兵衛
    • 発行所:株式会社法藏館

この項目のリッチレイアウト

宮毘羅(くびら)

ソーシャルリンク