コタンカカムイ

地域・カテゴリ

説明

アイヌにおいて、「アイヌモシ(人間の世界)」やアイヌ人たちを創造した者として登場するカムイ。名前は「国(村)を創造するカムイ」の意。「モシカムイ(世界を創造する神)」とも呼ばれる。この世界が存在しているという事実そのものに対する感銘から創造されたカムイであり、他のカムイと異なりアイヌモシにおいての顕現体を持たない。アイヌの伝説は文章化されないため、コタンカカムイが自発的に大地を創造した、あるいはカントコカムイの命令によって大地をこしらえたなど、諸説がある。またオイナカムイが創造の神であるとする伝説や、妹のカムイやセキレイを助手としたとする伝説もある。

関連項目

参考文献

  • 02東洋神名辞典 DICTIONARY OF DETIES AND DEVINES
    • 監修:山北篤
    • 著者:桂令夫、草野巧、久保田悠羅、他
    • 発行者:高松謙二
    • 発行所:株式会社新紀元社

この項目のリッチレイアウト

コタンカカムイ

ソーシャルリンク