カパカムイ

地域・カテゴリ

説明

アイヌにおいてコウモリを顕現体とする男性のカムイ。名前は文字通り「コウモリのカムイ」の意。神謡においては、カパカムイは他のカムイと異なり、「カムイモシ(カムイの世界)」から降臨したカムイではなく、天空を領有するカムイ、もしくはコタンカカムイによって「アイヌモシ(人間の世界)」で創造されたカムイであるとされている。カパカムイは非常に賢明な(もしくは悪知恵の回る)カムイとされ、アイヌを苦しめる悪魔をその知恵で出し抜いたという伝説がある。アイヌ人たちはコウモリが死んだフリをする動物と考えていたらしく、悪魔との争いにおいてもこれによって悪魔を油断させて射殺したとされている。この巧みな擬死によってカパカムイは強く賢いカムイとされたらしい。また、コウモリの死骸は悪魔を退ける呪物とされた。

参考文献

  • 02東洋神名辞典 DICTIONARY OF DETIES AND DEVINES
    • 監修:山北篤
    • 著者:桂令夫、草野巧、久保田悠羅、他
    • 発行者:高松謙二
    • 発行所:株式会社新紀元社

この項目のリッチレイアウト

カパカムイ

ソーシャルリンク