神世七代

かみよななよ

地域・カテゴリ

説明

日本記紀神話において、天地開闢から現われた七代に渡る神を神世七代、或いは「天神七代(てんじんしちだい)」と称する。造化の三神別天神といった3,5,7の奇数によって分けられた観念の3番目の「7」にあたり、これは奇数を陽数として尊ぶ中国の思想を反映したものであると考えられている。

この項目に関する表

神世七代(古事記に拠る)
一代 国之常立神
二代 豊雲野神
三代 男:宇比地邇神 女:須比智邇神
四代 男:角杙神 女:活杙神
五代 男:意富斗能地神 女:大斗乃弁神
六代 男:於母陀流神 女:阿夜訶志古泥神
七代 男:伊邪那岐命 女:伊邪那美命

関連項目

キーワード

参考文献

  • 15Books Esoterica エソテリカ事典シリーズ
    日本の神々の事典 神道祭祀と八百万の神々
    • 編集:増田秀光
    • 発行者:中村雅夫
    • 発行所:株式会社学習研究社
  • 20古事記 祝詞 日本古典文学大系1
    • 発行者:岩波雄二郎
    • 発行所:株式会社岩波書店
  • 21古事記(上)-全三巻-
    • 発行者:野間佐和子
    • 発行所:株式会社講談社
  • 22日本書紀(一)〔全5冊〕
    • 発行者:山口昭男
    • 発行所:株式会社岩波書店

この項目のリッチレイアウト

神世七代

ソーシャルリンク