カカベル

Kakabel

地域・カテゴリ

説明

旧約聖書外典「第1エノク書」や「天使ラジエルの書」などに見える天使ないし堕天使。「カウカベル(Kawkabel)」、「カバイエル(Kabaiel)」、「カビエル(Kabiel)」、「コカビエル(Kokabiel)」、「コカブ(Kochab)」、「コカブリエル(Kokhabriel)」、「コクビエル(Kochbiel,Kokbiel)」などはカカベルの別称とされる。名前は「神の星」を意味する。星と星位を司る天使であり、仲間たちに占星術を享受する職務に就いている。また彼には365,000の奉仕天使が配下にあり、カカベルはこれらの配下に第2天「ラクィア(Raqia)」から命を出すことによって星を運行していたという。堕天した後もこの365,000の奉仕天使は(堕天使として)配下にあるとされる。

関連項目

キーワード

参考文献

  • 13天使辞典 (原題:A Dictionary of Angels -including the fallen angels-)
    • 著者:Gustav Davidson(グスタフ=デイヴィッドスン)
    • 発行者:矢部敬一
    • 発行所:株式会社創元社

この項目のリッチレイアウト

カカベル

ソーシャルリンク