十羅刹女

じゅうらせつにょ

地域・カテゴリ

説明

仏教において法華経と法華経の持経者を守護するとされる十人の羅刹女の総称。元々は人の精気を奪う鬼女であったが鬼子母神らとともに入仏し、心を改め神女となった。同じく法華経の守護者とされる普賢菩薩の眷属とされる。

この項目に関する表

十羅刹女とされる十尊》
漢名 梵名

01

藍婆 ラムバー

02

毘藍婆 ヴィラムバー

03

曲歯 クータダンティー

04

華歯 プシュパダンティー

05

黒歯 マクタダンティー

06

多髪 ケーシニー

07

無厭足 アチャラー

08

持瓔珞 マーラーダーリー

09

皐諦 クンティー

10

奪一切衆生精気 サルヴァサットヴォージョーハーリー

関連項目

キーワード

参考文献

  • 34Books Esoterica エソテリカ事典シリーズ
    仏尊の事典 壮大なる仏教宇宙の仏たち
    • 編集:増田秀光
    • 発行者:中村雅夫
    • 発行所:株式会社学習研究社

この項目のリッチレイアウト

十羅刹女

ソーシャルリンク