十二天

じゅうにてん

地域・カテゴリ

説明

日本仏教において、八方を司る八方天に上方(天)・下方(地)と日月を加え十二尊としたもの。全ての天・竜や鬼神、星宿などを統べる力を持つとされる。

この項目に関する表

《十二天の各尊》
方位 名称(漢名・梵名)

帝釈天 シャクラ

東南

火天 アグニ

閻魔天 ヤマラージャ

西南

羅刹天 ラークシャサ

西

水天 ヴァルナ

西北

風天 ヴァーユ

毘沙門天 ヴァイシュラヴァナ

東北

大自在天 マヘーシュヴァラ

梵天 ブラフマー

地天 プリティヴィー

日天 アーディティヤないしスーリヤ

月天 チャンドラ
  • ※西南は涅哩帝王(ねいりちおう)/ニルリチ(Nirṛti)とされる場合がある。
  • ※東北は伊舎那天(いしゃなてん)/イーシャーナ(Īśāna)とされる場合がある。
  • ※下は堅牢神(けんろうじん)/ダラニーダラー(Dharaṇīdharā)とされる場合もある。

関連項目

キーワード

参考文献

  • 43マンダラの基礎知識 密教宇宙の構造と儀礼
    • 著者:越智淳仁
    • 発行者:石原大道
    • 発行所:有限会社大法輪閣
  • 46仏尊のご利益・功徳事典
    • 著者:大森義成
    • 発行者:大沢広彰
    • 発行所:株式会社学習研究社

この項目のリッチレイアウト

十二天

ソーシャルリンク