布袋

ほてい

地域・カテゴリ

説明

日本において福徳を授けるとされる神群、七福神の一柱。敬称を付けて「布袋様(ほていさま)」と呼ばれることが多い。また「布袋和尚(ほていおしょう)」と呼ばれることもある。中国で9世紀から10世紀に生きた高僧、「契此(かいし)」が神格化されたもの。契此は日用品を入れた大きな袋を背負いながら杖をついて町を歩き、人々の吉凶や天候を占ったという。このことから「布袋」と呼ばれ、弥勒菩薩の化身として、人々に福を授ける神として信仰されるようになった。

参考文献

  • 18日本の神様読み解き事典
    • 著者:川口謙二
    • 編集:川口謙二
    • 発行者:芳賀啓
    • 発行所:柏書房株式会社

この項目のリッチレイアウト

布袋

ソーシャルリンク