波自加弥神

はじかみのかみ

地域・カテゴリ

説明

日本の石川県金沢市にある波自加弥神社に祀られる調味料と医薬を司る神。波自加弥(はじかみ)とは「椒」、「薑」とも書き、生姜や山椒などのように噛んで辛いもののことを指す。生姜は香辛料、調味料として広く用いられるほか、解毒や健胃、鎮嘔などの薬効があるとされるため、波自加弥神も調味料と医薬の神とされる。江戸時代には料理屋や医者、薬屋などが多く参詣したという。

キーワード

参考文献

  • 18日本の神様読み解き事典
    • 著者:川口謙二
    • 編集:川口謙二
    • 発行者:芳賀啓
    • 発行所:柏書房株式会社

この項目のリッチレイアウト

波自加弥神

ソーシャルリンク